外は冷え冷え、心はほっこりしたできごと

今日は、朝からすごい雪と風で、天気の悪い日でした。

それでも、夕飯の買い物に行かなければなりませんでした。

憂鬱でしたが、重い腰を上げてお昼過ぎに出かけました。

玄関から1歩外に出ると、冷たい雪が顔に打ち付けてきて、痛いほどでした。

やだなあと思いつつ、駐車場まで歩いていたのです。

その途中で、雪かきをしているおじいさんを見かけました。
お節料理

こんな日に、ご苦労だなあと思いつつ、そのわきを通ったのです。

始めは気づかなかったのですが、おじいさんと一緒に小学1年生くらいの女の子がいました。

そのお家には玄関前に3段ほどの階段があるのですが、そこの雪かきをしていました。

おじいさんのお手伝いをして、偉いなあと思いました。

通り過ぎざまに、風邪ひかないでねと心の中でつぶやきました。

このページの先頭へ